投稿日: 2018/04/11

AMBER

【カウンターの話】
 なぜ、BARのカウンターは一枚板なのか。
BARに入った時にお客様をお出迎えするのはバーテンダーだけではなく、そのBARの空間そのものです。

 
ピンと張りつめた厳粛な雰囲気、凛とした佇でカウンターに掛ける常連、磨き上げられた酒瓶、スマートなエスコートをしてくれるバーテンダー。

 
そして、一番に目に飛び込んでくるのは 一枚板の立派なカウンター でしょう。

 
正にカウンターはBARの顔です。

 
 
木肌の優しい感触を知ってしますか?

 
どんなに寒い日でも、このカウンターに触れるとどこか暖かみを感じます。
夏の暑い日はひんやりとしていて、心地よさ感じることができます。


 
「ここのカウンター、いいでしょ?」って常連さんがお連れ様に話すのが聞こえると嬉しくなります。

 

お客様に愛着を持って頂きたい、だからこそ一枚板なのです。



終わりに...余談ですが、AMBERのカウンターは日本では木琴に使われている木と同じなんです。

コンコンって叩くと場所によって響きが違ったりします。

地味ですが、面白いですよ。是非お試し下さい!
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。